読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸橋の上で

私は小学生の時,帰り道の陸橋の上で、轟音と共に蒸気機関車が吐き出す煙りの中に身を浸しているのが好きでした。

今でもあの生暖かい煙りの中で嗅いだ匂いを懐かしく思い出します。

                     「月と音楽家」  The moon and musician

f:id:moyamadamagu:20161213014538j:plain